セッションで何をするの?目標達成への4つのプロセス!

コーチング

コーチを目指すひらこ(@hirako_zonepre)です。

コーチングという言葉に触れたときに、ついでのように「セッション」という言葉も見かけるでしょうか?

「セッション」とは、コーチとクライアントがコミュニケーションをとる場を指します。

しかし、セッションで何をするのか分からないと、すごく不安になりますよね。

料金も割とお高いですし…

 

この記事では、セッションで行うことを4つのプロセスに分けて紹介します。

コーチングを申し込んだり、自分で実践したりするときに役立ててみてください。

 

クライアントの目標達成がゴール

コーチングでは、クライアントが自発的に目標を達成するためのお手伝いをしていきます。

自問自答では堂々巡りになりそうな問題をコーチの適切な質問によって、クライアントが気づき、新しい発見を得られるようにするのです。

 

カウンセリングとの違い

コーチングとカウンセリング、どのように違うのか分からないという方もおられるでしょう。

コーチングは、クライアントの目標達成をお手伝いするものです。

それに対して、カウンセリングはクライアントが抱える問題や困難、不安を取り除くことに重きが置かれます。

そのためコーチングのセッションを行うに際し、クライアントが何らかの問題を抱えている場合には、先にカウンセリングする必要があります。

 

目標達成への4つのプロセス

目標達成へは以下のような4つのプロセスがあります。

セッションは、この順番で進むので順に説明しましょう。

  1. 目標決定
  2. 現状確認
  3. ギャップの確認
  4. 行動計画

 

1:目標決定

はじめに、クライアントが達成したい目標を伺います。

最初ですから、きっとボンヤリとしたイメージとなるかもしれません。

しかし、このイメージはクライアントが決める標となります。

思いつくままにコーチに話してみましょう。

 

目標を定量化する

「どうすれば、その目標が達成できたと分かりますか?」

 

目標が決まったら、次は定量化します。

具体的にはコーチは次の質問を投げかけるでしょう。

 

「どうすれば、その目標が達成できたと分かりますか?」

 

目標を定量化することによって達成したときのイメージが強化されます。

目標が明確であればあるほど、達成は現実味を帯びてきます。

 

理由を考える

なぜ達成したいのですか?

 

理由はクライアントの奥に潜む価値観を明らかにします。

また、達成したい目標が、自分の心から湧き上がるものなのか、

例えば、わたしの「囲碁コーチになりたい!」には、唯一無二の存在(重要感)と恩返し(貢献)が潜んでいます。

 

達成された未来の自分をイメージする

達成された自分はどのような状態でしょうか?

 

達成された自分が強くイメージできればできるほど、目標達成できる可能性が高くなります。

そのため、コーチはクライアントに未来の自分をイメージしてもらうのです。

 

2:現状確認

理想状態を10点としたら、いまは何点でしょうか。

現状確認はギャップを明確にするための工程です。

いまの自分がどのような状態かを知って、ギャップを理解する手がかりを作ります。

 

目標→現状の順で行う

このとき、目標をコーチ・クライアント間で共有してから現状の確認を行います。

先に現状を確認するとクライアントの焦点が現在に当たってしまうため、NGです。

目標という未来のことを考えるときに、現在に一度向いた焦点が足枷になる可能性があります。

 

3:ギャップの確認

ギャップは目標と現在の自分との差を明確にする工程です。

自分がこれから何をしなければならないのかをクライアントに気づいてもらうのです。

ギャップが大きいときは、しんどいと感じることもあるでしょう。

しかし、何をすれば良いのかが分かるため、一歩一歩、目標達成へのステップを歩んでいると感じることもできます。

自分と比較するのは過去の自分。しっかり取り組みましょう。

 

ギャップが大きい場合はステップを作る

ギャップが大きい場合はステップを作り、大きな目標を小さくします。

例えば、わたしの目標設定において、いきなり囲碁コーチを目指すのは高いハードルなのです。

そこで、ステップを細かくして「まず0から1の状態になるためには、どうすれば良いか」を考えます。

 

4:行動計画

ギャップも把握できたら、いよいよ行動へと移ります。

そのときにコーチ・クライアント間で共有したいことがあります。

それは、クライアントがもつリソース障害です。

クライアントが行動を考えてもらうときの指針として役に立つでしょう。

 

リソースを把握する

リソースとは、環境や人脈、資産、知識、スキルなどのように、クライアントが持っている資源です。

リソースが把握できると、できないと思い込んでいたものが、実はできるものであったとクライアント自身が気づくかもしれません。

ぜひ共有しましょう。

 

障害を把握する

障害とは、目標を達成するときにジャマをするものです。

障害を把握すると、行動の指針が立てやすくなるかもしれません。

例えば、「その障害を取り除くためには何をすれば良いでしょうか?」と質問をします。

クライアントに障害除去へ焦点を当ててもらい、行動計画のアイデアをひらめくことができるようになります。

 

行動リストを作る

リソースと障害が把握できたら、行動するものを沢山あげましょう。

 

行動が困難であると思われるときは細分化する

あげたリストは行動できなければなりません。

できないものをやろうとしても自身喪失につながるためです。

そのため、行動が困難なものは、より行動しやすいように細分化しなければなりません。

 

最後に

この記事のやり方でわたしが自分自身で目標計画を立てたものが、この記事です。

囲碁コーチになるための質問

2019年6月8日

 

合わせてお読みいただくと、内容がより理解できると思います。